MENU

オープンキャンパス

2017.08.11(金・祝)11:30〜16:00

看護学部リハビリテーション学部社会福祉学部助産学専攻科介護福祉専門学校

プログラム内容

ウェルカムイベント/学部学科説明/入試説明/体験授業/教職員との個別相談/学生との懇談会/ランチ体験/キャンパスツアー

◆各学部のプログラムの前に、10:30から特別講演会、11:30からランチ体験およびウェルカムイベントに参加できます。

プログラムの詳細はこちらをご覧ください。

[ウェルカムイベント ピックアップ]
アロマのハンドマッサージ
「良い香りに包まれて…」
アロマの香りには、こころのリラックス効果があります。
さらに、細やかな動きをする手には血管や神経が豊富にあり、ハンドケアによって血流を良くし、心身の心地良さを感じることができます。
素敵な香りの中で、優しいハンドケアを体験してみませんか。

時間/ 11:30〜12:45
定員/ 10名
場所/ 2号館2階

[特別講演会]10:30〜11:30(受付10:00〜10:30)
「自分探しの旅」へ出かけよう!
自分について一番理解しているのは、自分自身だと思っていませんか?
ところが、心理学的に自分を捉えなおしてみると、今まで知らなかった自分に出会えることがあります。
対人交流における特徴やパターンを分析することで、あなた自身について新たな発見があるでしょう。
将来の夢や進路のために、少し遠回りをして「自分探しの旅」へ一緒に出かけましょう!

講師/藤田美枝子 教授
   (社会福祉学部こども教育福祉学科)

夢に向かって将来の進路選択をする前に、もう一度、「自分」を見つめてみませんか。皆さまのご参加をお待ちしています。

<全学部ナビゲーションコース>13:00〜16:00
人の役に立ちたい、保健医療福祉に関わる仕事がしたい。でも、どの専門職を目指せばいいのか迷っている。そんな高校1・2年生を主な対象として、全学部(3学部)の学びをピックアップして説明します。

<看護学部>13:00〜16:00
・看護学部で学習する技術−いろいろなシミュレーターを見てみよう−(定員40名)
看護学部では対象に行う日常生活援助技術、診療の補助技術を学びます。学生同士が患者役、看護師役になることで経験を積みますが、専用のシミュレーターも活躍しています。

・災害発生時・救命救急の現場で必要な「トリアージ」を学ぼう(定員40名)
災害発生時や救命救急の現場では、傷病者など治療を受ける必要のある人々の、診療や看護を受ける順番を決定する「トリアージ」が行われます。授業では皆さんに災害発生時のトリアージ体験を通して学んでいただきます。

・赤ちゃん(新生児)を知ろう(定員40名)
赤ちゃん(新生児)の特徴を知ろう。赤ちゃんの沐浴、着替えやオムツ交換を通して、赤ちゃん(新生児)を清潔にする方法を知ろう。

・高齢者看護を体験してみよう!!(定員40名)
『脱水予防と水分補給』と『自助具を使った摂食動作』を体験します。水分補給では高齢者の脱水と嚥下について学び、嚥下体操後にとろみ付飲料を試飲します。摂食動作は右麻痺のある高齢者の方を設定し、自助具スプーンで豆をすくう体験を行います。

・聖隷三方原病院見学
病院の説明の後、ホスピス病棟やドクターヘリの見学をします。


★看護体験ブース
看護師・保健師・助産師の仕事、大学の様子を身近に感じていただくための見学・体験コーナーです。
このほか、大学のこと、授業・実習のこと、保健医療関連の仕事のことなど…皆さまの疑問にも在学生と教員ができる限りお答えいたします。


<リハビリテーション学部>13:00〜16:00
2つの学科の授業を体験できます。
【理学療法学科】理学療法士の役割、スポーツとの関わり
リハビリテーションという言葉の意味を理解しつつ、理学療法士の役割を学びます。理学療法の対象は幅広いですが、その中の一つであるスポーツ領域に関する仕事内容を紹介します。理学療法学科の特色も紹介します。

【作業療法学科】作業療法士として働くこと。20年のキャリアをとおして〜過去と未来〜
高校時代に悩んだ職業選択のすえ、作業療法士になった理由(わけ)。作業療法士になってからの歩みと今後について、私の経験を通して作業療法の現在と未来、可能性についてお伝えします。

【言語聴覚学科】聲(こえ)の形を視る−言語聴覚士による音声の音響分析
皆さんは、聲(こえ)の形を見たことがありますか?この授業では、日本語や英語の音声を目で見て、言葉の科学の基礎を学びます。サウンドスペクトログラムを用いて、自分や他の人の聲の形を見てみましょう。

<社会福祉学部>13:00〜16:00
学科を1つお選びください。
【社会福祉学科】これからの社会で期待される5つのSW〜精神保健福祉領域で活動するソーシャルワーカー/PSWの仕事〜
WHOは今世紀における保健上の最大の課題は精神保健(メンタルヘルス)の保持増進であると述べています。我が国でもうつ病や自殺、発達障害、若者のひきこもり等が増加しており、ライフステージに応じた支援ができる精神保健福祉士の期待は高まっています。当日は概略を解説します。

【介護福祉学科:最新の自立支援介護〜元気を取り戻す支援の実際〜】
歩けなかった高齢者が再び歩けるように!寝たきりだった高齢者が自力でお寿司を食べられるように!介護福祉実践現場は、日々進化しています。動画や写真で実践例を紹介しながら、自立支援介護についてわかりやすく解説します。

【こども教育福祉学科:「こころ」と「保育」の不思議な関係】
「こころ」とは何でしょうか?「保育」とは何でしょうか?
この講座では、心理学の簡単な実験を行いながら、実際の保育場面の映像を観ることで、この二つの問いに迫ります。講座が終わった後には、「こころ」と「保育」がまったく違って見えてくるでしょう。

<助産学専攻科>13:00〜16:00
「助産師の魅力を知ろう」
胎児の超音波断層法シミュレーション、模擬分娩、新生児のバイタルサイン測定等を行います

<介護福祉専門学校>11:30〜16:00
詳細はこちらをご覧ください。

浜松駅からお越しの際は、大学までの無料シャトルバスを運行しています。
皆さんのご参加をお待ちしています。

□2016年度の様子はこちらをご覧ください。

ページの先頭へ戻る