MENU

オープンキャンパス

2018.08.11(土)11:30〜16:00

看護学部リハビリテーション学部社会福祉学部介護福祉専門学校

プログラム内容

ウェルカムイベント/学部学科説明/入試説明/体験授業/教職員との個別相談/学生との懇談会/ランチ体験/キャンパスツアー

◆各学部のプログラムの前に、11:00から特別講演会、11:30からランチ体験およびウェルカムイベントに参加できます。

[ウェルカムイベント]

<看護学部>ナース服体験、看護学部の4年間で学ぶ教科書や聴診器などの看護ケア物品の展示を行います。看護学部の学生と話もできます。自由に見ていただけますので、お気軽にお越しください。養護教諭の仕事を体験できるコーナーや養護教諭課程に関する相談ブースもあります(養護教諭の仕事の体験コーナーは8月11日限定です)。
<リハビリテーション学部>赤外線治療や筋力測定、IQテストなどの体験ができます。
<社会福祉学部>介護ロボットスーツHALや福祉工学、アロマハンドマッサージの実演、また、こども教育福祉学科の学びで使っているおもちゃや近隣福祉施設を紹介する展示をします。また、社会福祉学科・介護福祉学科・こども教育福祉学科の学生と話もできます。

[特別講演会]11:00〜12:00(受付10:30〜11:00)
飛び出せ日本!! 本学から国際的専門職へと歩み出そう!
日本ってどんな国?その疑問の答えは海外にあります。海外の多様な人々や価値観を知ることで、日本人らしい専門職者の姿を知ることができます。講演では、今求められる国際的な専門職について、本学の取り組みを踏まえて紹介します。
講師/講師 柴本 勇 教授・MacLean Richard教授(グローバル教育推進センター)

<全学部ナビゲーションコース>13:00〜16:00
人の役に立ちたい、保健医療福祉に関わる仕事がしたい。でも、どの専門職をめざせばいいのか迷っている。そんな方を主な対象として、3学部の学びをピックアップして説明します。

<看護学部>13:00〜16:00
参加コースを一つ選んでいただきます。
・学生企画 ミニ講義+食事介助
【ミニ講義】テーマ「嚥下について学ぼう」
食べ物を「飲み込む」(嚥下)という機能は、私たちが生きていく中で必要不可欠な役割を担っています。この授業では、私たち学生が高校生の皆さんに嚥下のメカニズムについて講義をします。私たちが培ってきた知識を皆さんにわかりやすくお伝えします。
【食事介助】
飲み込む機能が低下した方は、どのような食事をするとよいのでしょう? この授業では、本物の嚥下食を試食します。患者役、看護師役を体験し、それぞれの視点で食事介助がどのようなものか学びましょう。
・学生企画 食事介助+ミニ講義
内容は上記を参照してください。
・学生企画 血圧測定+急変時シミュレーション
【血圧測定】
この授業では、電子血圧計を使って実際に血圧を測ってみたり、血圧を測る時に聴こえる血管音を聴診器で聴いてみたりします。血圧を測られる人はどう感じるでしょうか? 血管音はどんな風に聴こえるでしょうか? 一緒に学んでいきましょう!
【急変時シミュレーション】
あなたは病院の看護師です。朝。担当患者さんのところに行くと様子がおかしいです。声をかけても反応がありません。この後どのような対応をするのか、この授業を通して一緒に考えてみましょう。
・学生企画 急変時シミュレーション+血圧測定
内容は上記を参照してください。
・あかちゃん、大きくな〜れ!
妊娠中のお母さんのお腹の中の赤ちゃんの様子を知り、早く生まれてしまった早産児の特徴およびNICUでの看護、出産予定日近くに生まれた新生児の看護について、体験してみましょう。
・シミュレータを使って体の音を聴いてみよう
聴診器を使って心臓の音、呼吸の音、お腹の音などを聴きます。シミュレータを使ってさまざまな病気の時に出る音と聞き比べることができます。
・聖隷三方原病院見学

<リハビリテーション学部>13:00〜16:00
参加コースを一つ選んでいただきます。
【理学療法学科】息切れを軽くする方法について考えよう
理学療法士が治療対象として関わる疾患は多岐にわたり、中には呼吸・循環機能の回復・向上を図るための介入方法もあります。本講座では、息切れについて考え、困っている患者さんに対しての介入方法を紹介します。
【作業療法学科】人生を豊かにできるキャリアデザインとはなにか−作業療法士の道−
私自身の歩んできたキャリアをお伝えし、職業選択をどのようにして歩んできたのかについてお話しします。そのなかで、皆さんの職業選択の一助となればと思います。
【言語聴覚学科】聲(こえ)の形:サウンドスペクトログラムで言葉を観る
この授業では、サウンドスペクトログラムという機器を用いて、さまざまな言葉を形で表し、目で見ていきます。日本語らしさ、英語らしさとは何なのか、音声言語の特徴を科学的に理解していきましょう。

<社会福祉学部>13:00〜16:00
参加コースを一つ選んでいただきます。
【社会福祉学科】「地域で生きる」を支えるソーシャルワーカーのもう一つの役割
障がいや高齢などのため生活のしづらさを抱えながらも、住み慣れた家や地域で一人の住民として暮らし続けたい、というのは多くの人々の願いです。
この願いを実現するにはどうしたらよいでしょう?
一人ひとりに寄り添い、それぞれが抱える生活のしづらさを解決することのほかに何が必要か、皆さんと共に考えてみたいと思います。
【介護福祉学科】世界が注目する最新の自立支援介護
日本は、世界で最も高齢化率が高い国です。しかし、今後、東アジアを中心とした諸外国は、日本を上回る早さで高齢化が進みます。専門性の高い介護福祉士が提供している「自立支援介護」は、高齢者の元気を取り戻す新しい介護福祉実践であり、世界中から注目が高まっています。当日は、外国での活動も含めて紹介します。
【こども教育福祉学科】小学校・こども園での楽しい!面白い!!英語活動
グローバル化が進む世界で、小学校・こども園において英語教育が導入されています。「友だちを作りたい」「情報や知識を得たい」と思ったときに、英語ができるとより豊かで幸せな人生につながることを知り、子どもたちが英語でコミュニケーションを図ろうするための方法を学びます。英語活動を一緒に行いましょう。

<介護福祉専門学校>11:30〜16:00
詳細はこちらをご覧ください。

浜松駅からお越しの際は、大学までの無料シャトルバスを運行しています。
皆さんのご参加をお待ちしています。

□2017年度の様子はこちらをご覧ください。

ページの先頭へ戻る